トップページ > 廃車適正処理、流れのご紹介

廃車適正処理、流れのご紹介

リサイくるまッチの取組み

リサイくるまッチでは使用済みとなった車輌(廃車)を、正規の資格を有する事業者が適正な価格を提示し買取を行っています。また、買取った車輌より使用可能な部品はリサイクルパーツとして再利用いたします。
リサイクルパーツとして再利用(リサイクル)できない部分(鉄など)はスクラップ・分別され、再びさまざまな商品材料として使用されます。このように廃車から再利用できるリサイクルパーツや鉄スクラップ(マテリアル材)を使用することによって、鉄資源から商品材料として加工される際に発生するCO2を削減できるため、環境対策の一環としての役割を担うことができます。
限りある資源と環境問題への取り組みとして、正規の資格を有する事業者のリサイくるまッチ加盟店にお任せ下さい。

廃車処理の流れ

(1)廃車の状態確認 買取された廃車が入庫すると、まず状態チェックが行われます。ここで廃棄処分にする物、リサイクルパーツとなるもの、鉄スクラップにする物に分類します。

(2)フロンガス回収・各種液抜き 外装などのリサイクルできる部品が取り外されたら、フロンガスの回収・オイルやクーラントなど各種液抜きを行います。

(3)エアバッグ・銅線類・廃プラ回収 エアバッグを回収します。エアバッグには分解して回収できるもの(機械式)と展開して回収するもの(電子式)があります。その他、銅線類やバッテリー・タイヤなども取り外します。

(4)解体作業(外装など) 足回り・ドア・マフラーなどを解体し、状態チェックした分類別に分け、リサイクルパーツは詳しく状態を調べます。

(5)洗浄・保管 取り外されたリサイクルパーツは、キレイに洗浄されて保管します。その後、お店の在庫状況によって陳列されます。

(6)解体作業(機器類) エンジンやミッションなどは解体用反転機を使用して解体されます。解体後にスクラップにする準備を行います。

(7)プレス処理 解体作業が終了したら、車体をプレス処理して鉄スクラップとなりトラックにて運搬されます。一部再利用できない車体は有価金属とシュレッターダストに分けられます。